Goン物語

小説家、乙一氏のブログに触発され始めた、誰も見ていないLEGO好き人間の日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ちょっと前の記事の、「兄」のキーワードより。

完全に何を書こうと思っていたか忘れないうちに殴り書いておくのである。

兄者から電話で祖母の訃報を伝えられた。

Goンのあずかり知らぬところで通夜だったか葬式だったかが行われた様子。

兄者は孫代表で挨拶したらしく、曰く事前に練られたそれは感動的なものだったらしい。

その話をする兄者のテンションから、Goンは高校の卒業式を思い出した。

Goン、当時高校の同窓会から3年間奨学金を支給されていたのである。

受給者だった卒業生は卒業式後の校長室で、同窓会理事長や同役員、校長、教頭、奨学金担当教員らお偉いさんの前で謝辞を述べることになっていた。

Goンの他には女子生徒2名。

謝辞を述べる順番はGoンが最後である。

この会のことは事前に知らされていたのだが、面倒だったので何を言うかを全く考えていなかった。

悲惨な中学時代で得た、数少ない個人的にポジティブな持論として「言いたいことがあれば事前に考えなくともでてくるもんだ」がある。

今回もそれに基づく行動である。Goン、妙なところでぶれない。

いざ会が始まる。

女子生徒2名は、奨学金支給への感謝→奨学金の使い道→これからの自分の事、といった構成の内容だった。

「つまんねぇなぁ」と思いながら聴いていると言いたいことが浮かんできたのである。

支給への感謝はそこそこに、一生徒がこの面々の前で話ができる機会はないのでという枕言葉を皮切りに所属していた科学部の実情を語った。

人数は少なく学内での知名度も低いが、文化祭では親子連れも含めある程度の人数が科学部の展示にやってきていること。

特にGoンが2年の時には例年にない規模の人数が訪れていること。

そんな感じの部が存在し、破れかぶれ活動していることを知って欲しいといった旨の内容であった。

話し終えた後、校長室のど真ん中で聞いていた理事長号泣。

司会進行役の副校長は、こんな素晴らしい会の司会をしたのは初めてだと言う有様。

Goン、会終了後理事長に固い握手をされ背中を叩かれ粉砕骨折。

「理事長泣かせたったぜ」という胸中に陥るGoンであった。

この出来事が割といい思い出が入っている引き出しに仕舞ってあるあたり、兄者の口振りから察するにそう違いのない心境だったのかもしれない。

初めて、嗚呼この人はGoンの兄でありGoンはこの人の弟なのだと感じた。

では。

スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

亀戸徘徊の1、2週間後、今度は霞が関と靖国神社に行ってきた。

国会議事堂から始まり、最高裁→国立劇場→警視庁→法務省...→内閣府...と、ほとんどの省庁の建物を見てきた。

最高裁の要塞感にGoン、圧倒される。

法務省は格好良かった。

財務省は思ったより小振り。

検察庁は思ったよりでかい。

文科省のノッポさん度は高かった。

・・・あれ、財務と思い違いしてるかも。

官邸付近の坂はどうかしているのである。Goンの体力を減らそうという意思を感じた。

その後、南北線に乗って市ヶ谷へ。

昼時の市ヶ谷をえっちらおっちら歩いて靖国神社に到着。

丁度帝京大グループの卒業式が国技館で終わった時間帯だったらしく、靖国神社はスーツと着物姿の人が多かった。

着物に超厚底靴を履いた女性が非常に気になったのは内緒である。

その日は暑く、霞が関を歩き回って疲れていたので休憩所でアイスクリームを購入。

スーパーカップに近い味のバニラだった。

一番好きなのはバニラ味なのも内緒である。

遊就館前で千代の富士状態。

30分程ぼけーっとした後、遊就館1階を見学。

800円出して2階も見学しようかと思ったが、Goンの膝がこれ以上酷使するなら法的手段に訴えることも辞さないと申し出てきたので止む無く帰宅。

靖国通りのセブンで購入した、フランクフルトに何かの肉が巻かれたものは少し美味しかった。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

久しぶりに腰を落ち着けてブログを書こうかなと思うGoンである。

数週間前、「するめいか」の聖地巡礼に行ってきた。

亀戸天神にて、老夫婦に写真撮影を頼まれる。

Goン、ノリノリで引き受ける。

午前中に巡礼を開始し、サンストリートには昼頃に到着。

この時点で千代の富士状態である。

陰に設置されたベンチで昼過ぎまで休憩。

その後、トイザらスのレゴ売り場に数十分張り付く。

本当にSWシリーズは息が長いと感心するGoンであった。

堅川河川敷公園は撮影後工事でもあったのだろうか、景色が変わっている気がした。

そんなこんなで特定可能な場所はほぼ行き尽くしたのである。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

隣の青い芝が気になる人はこの時代生き辛いという言葉を聞いた。

身につまされる。

自らの人間性の本質的な部分を炙り出されたような気分である。

とりあえず明日も生きようかと思っている。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。